top of page
PXL_20230523_043138853.jpg

自然に抱かれる経験

生きる上で本当に大事なもの。
「自然に寄り添う生活」のなかに、きっと答えはあります。

2023年5月、二人の女の子がここにやってきました。

一人は化学物質過敏症。

もう一人は「人混みが怖い」。

そんな彼女たちは普段、フリースクールに通っています。


化学物質過敏症は、添加物、化学肥料、農薬、香料、電磁波など過敏に反応してしまう症状です。
いまや都会にあふれているものばかりで、彼女にはとても生活できる環境ではありません。
幼少時からの化学物質過敏症は、本当につらいはずです。


「人混みが怖い」というのも、とても生きづらいでしょう。
あまりにも重すぎるハンディです。
人混みを避けて生きるのがどれほど大変なことか、想像もつきません。


五島に来ることで少しでも日頃のリスクが軽くなればという想いで、そんな女の子たちを迎えました。

海が好きだという二人が着いたその日、少し雨模様でしたが、近くの六方ビーチに連れて行きました。

誰もいないビーチにどちらも大はしゃぎで、見ているこちらがうれしくなりました。

2日目の五島観光のあと、高浜海水浴場でも二人はビショビショ。
タイニーハウスねこたまを下った先のビーチは、二人の楽しみの一つでもありました。

そこにはブランコがあるからです。

3日目は畑のある奥ノ木場に行きました。

川でも水遊び(5月の川の水は冷たかった!)

薪風呂の火起こし体験のあと、裏山に生えていたタケノコでパスタ作り。


五島滞在は、二人にとっていい思い出になったかな?

私たち夫婦にとっても、とてもいい経験になりました。

彼女たちを見ていると、ふと「普段の生活では、自分を解放できないのかな?」と思いました。

海で遊んでいるときの二人は、肉体的にも精神的にも100パーセント解放されていました。
子供は自分の持てる力を全力で遊んでこそ、成長できるのではないかと思っています。

身体を動かして体験してこそ、人間的成長が築かれていくのではないでしょうか


ねこたまの環境では、自然を100パーセント体感することができます。

生きる上で本当に大事なものは何か?

「自然に寄り添う生活」を大事にする私たちだからこそ、それを子供たちに伝えることができると考えています。

 

フリースクールに通う子供たちは、ある意味その犠牲者かもしれない私は思っています。
悩みを抱える子供たちが、五島の自然に抱かれることで少しでも癒されることを願います。

これからそういうお手伝いができれば、うれしい限りです。

bottom of page