ぷらっと農園通信 2020年12月号

早いもので今年も1カ月を切りました。

今年はコロナに振り回された1年でもありました。

最近になって感染拡大が広がっているので気がかりではあるところです。


五島では「gotoキャンペーン」を利用した観光客で宿泊施設は連日満室のようです。

観光バスも足らなくて、長崎の方から持ってきているくらいです。

「goto キャンペーン」を利用すれば確かに安く旅行できます。

観光客がたくさん来て五島の経済が潤うのはうれしくもありますが、感染の可能性がゼロではないところが、私たち五島市民は一抹の不安を感じているところであります。

現在のところ五島市では感染者がいないので、感染しないことを祈るばかりです。


12月に入り農作業も最後の追い込みとなりました。

ジャガイモ、サトイモ、生姜の収穫、緑肥の播種、そして畑の後片づけです。

年内には全てを片付けないと農作業以外の冬仕事が待っているので、急ピッチで進めている状況です。

冬の寒さが増してくると気をつけなければならないのが、ギックリ腰です。

寒さで身体が縮こまり突然ピリッと腰に痛みが走ります。

そうならないようストレッチをしながら農作業をしております。

私もいい年なので気を身体のケアは怠らないようにしております。


みなさんに収穫後野菜を洗っている川を紹介したいと思います。

ぷらっと農園の畑はいくつもあるのですが、メインは奥の木塲地区にある畑です。

奥の木塲は山を一つ越えたところにある桃源郷のような素敵な場所です(この場所を五島のチベットと呼んでいます)。

畑に行く途中に川があり、ここで野菜を洗っています。

人里離れた場所なので最高に水はきれいです。

のどが乾いたらよく飲んでいます。

こういうきれいな水が流れる川があるのは本当にありがたいです。

ただこれからの季節、水が冷たいのがつらいところです。 奥の木塲の川